こばやんのおもつた日誌

こばやんの日々のおもったことなどをブログに記録していきます

おもつたログ(02月15日)

 

YouTube用のシネマチック動画は60fpsがいい理由

  • YouTube用の動画は60fpsで撮影するのがいいです。最近流行りなのがシネマチック(映画風)な動画です。
  • 映画は一般的には24fpsなので、24fpsで撮影したいですが問題点もあるようなきがします。
  • 60fpsで撮影すると、1秒間に60回静止画が変わるので、編集時にカットしやすくなる。
  • 24fpsだと無音部分をカットしたいと時に、ちょうどいいところでカットできないことが多いと感じます。
  • YouTubeでシネマチック(映画風)の動画を作るなら、60fpsで撮影して上下に黒いバーをつければいいのではないかと思います。
  • 24fpsの場合は、1カットずつ撮影する場合、話のある動画をカット編集しないような場合に使うといいと思います。話のないBGM動画的なもので有ればいいと思います。