こばやんのおもつた日誌

こばやんの日々のおもったことなどをブログに記録していきます

東海道新幹線の中でブログを作成してみた

検証内容

概要

東海道新幹線での移動時間をの中でパソコンを使ってブログの投稿作業ができるのか確認したいと思います。

13インチのノートパソコンでWindows標準のメモ帳アプリを使ってブログの原稿を作成してみたいです。

ビジネスマンとしてのあこがれ??

移動時間を有意義に使うにはどうしたいいかを考えるといいと思っていました。

東海道新幹線の中でパソコン作業をするのは、ビジネスマンとしてのあこがれです。

だからこそ一度はやってみたいパソコンでの作業をやってみたかったです。


感想

東海道新幹線の中でブログ原稿を作成してみた感想(おもったことなど)を箇条書きにしてみます。

総評

  • 新幹線での移動時間で、パソコンを使ってブログの原稿を入力していくことができた。
  • こんなに便利になるんだったら、もっと早くやればよかったと思った。

作業環境

  • 東海道新幹線のテーブルは低めな感じなので、上からのぞき込む感じの作業になると思った。
  • ただ、キーボードの入力作業はしやすいと思った。
  • 東海道新幹線の走行ノイズが大きいので、キーボードを静穏に考慮して入力していれば、問題ないと思った。
  • 東海道新幹線の中は、静かなので、パソコン作業は、音に気を付けたほうがいいと思った。
  • 窓側の席のほうが通路側よりもプライバシーは、保たれるような気がした。

使用するノートパソコンなど

  • 指定席のテーブルのサイズなら13インチのぐらいの小型パソコンがいいと思った。
  • 15インチ以上だとかなり目立つので注意したほうがよく、個人的な感覚だと、申し越し小さくてもいいなと思った。
  • N700系の新幹線だと窓側に座れば、電源もとれるので作業しやすい環境が整うと思った。
  • マウスは使用できないと思ったほうがいいと思う。

スマートフォンとの使い分け

  • スマートフォンでフリック入力すれば、、それなりに文字を入力することができるけど、パソコンでキーボード入力する速度に比べると、圧倒的に気ボードのほうが早い気がする。
  • Windowsのノートパソコンでも英語キーボードを使うことができるとよりいいのではないかと思った。

入力する原稿

  • メモ帳に入力するメモを表示する文字サイズは、小さめにするといいと思った。
  • 自分が目を凝らしてみないといけないのでは困ってしまうけど・・・。
  • ブログで公開する予定なので、他の人に見られても全然問題ないと思った。

乗りすぎないようにするために

  • パソコン作業に集中しすぎないように、降りる駅の1つ手前で終わりにするようにしたほうがいいと思った。
  • 終点の東京駅で降りる場合は、降りる準備をするために新横浜駅に着いたら作業終了にするといいと思った。
  • 新横浜で降りる場合は、小田原駅を通過するころに、新横浜駅に着く時刻を教えてくれるので、参考にするといいと思った。
  • 到着時刻の数分前をスマートフォンのアラーム機能でセットしておくといいと思った(アラーム時刻になっても音を鳴らしてはいけませんが・・・)。

注意したほうがいいこと

  • 他の人に見られて困る情報は、表示しないようにしたほうがいいと思った。
  • パソコン作業をしていると肩が凝ってしまう可能性のあるので注意したほうがいいと思った。
  • 持ち運びというかんてんからいうと13インチのノートパソコンだとちょっと重いと思った。
  • もう少し軽いパソコンのほうが便利だと思った。なかなか難しいとは思うけど・・・。

東海道新幹線を乗車するなら

東海道新幹線を新大阪駅から東京駅までのぞみ号に乗車する場合、ノートパソコンを使って作業するときのポイントをまとめてみました。新大阪から東京までは、約2時間30分の移動時間です。

東海道新幹線ならではのサービス

  • もし、作業中にちっと休憩したいなと思ったら車内販売を利用するとコーヒーやサンドイッチやアイスなどを買って休憩できると思った。
  • アルコール類などもあるのはうれしいと思った。

新大阪駅→京都駅間

  • 乗車時間10分ぐらいですが、新大阪駅でも京都駅でもたくさんの方が乗車されるので、パソコンを取り出してパソコン作業をするための準備をするといいのではないかと思った。

京都駅→名古屋駅間

  • のぞみ号の場合、京都駅→名古屋駅だと40分ぐらいかかるので、ブログ原稿作成開始できると思った。
  • 京都駅から新幹線に乗ったらパソコンを起動してメモアプリを立ち上げてすぐ作業が開始できると思った。
  • 名古屋駅到着直前まで案内がないので、名古屋駅で下車する場合は注意しましょう。
  • 手前の岐阜羽島駅を通過したら片付けに入るといいと思った。
  • 名古屋駅でもたくさんの方が乗ってくるので、名古屋駅停車前のアナウンス開始から、名古屋駅を出発した後の案内が終わるまではその間は休憩時間にするといいと思います。

名古屋駅→新横浜駅

名古屋駅→小田原駅(通過)
  • のぞみ号の場合、名古屋→新横浜間は、約1時間20分高速走行するので、ブログ更新作業に向いていると思った。
  • そのうちの小田原駅までの約1時間を有効活用してブログ原稿を執筆してしまうといいと思います。
小田原駅(通過)
  • のぞみ号の場合、小田原駅を通過すると現在の状況を車掌さんからアナウンスがあります。
  • 定刻ではしっているとか、新横浜まであと何分ぐらいかを教えてくれます。
  • 次の駅までの到着時間をアナウンスで教えてくれるのは、ブログ更新作業に限らず、何かの作業に熱中しているときにはありがたいサービスだと思います。
小田原駅(通過)→新横浜駅
  • 小田原駅→新横浜間では、入力したブログ原稿の取りまとめをするといいと思います。
  • また、パソコン作業を終了して目を閉じて、頭のクールダウンをするといいと思った。
  • 10分ぐらいあるので、頭のクールダウンとしては十分だと思った。

新横浜駅→品川駅・東京駅

  • 新横浜を出たら、次の品川駅まで10分ぐらいなので片付け作業をして品川駅、東京駅で降りる準備をするといいと思った。